くすみ クレンジング ランキング

くすみを取るクレンジングおすすめランキング|透明感のある肌を目指すならコレ!

更新日:

肌がくすんで、何だか顔色がさえないなぁと感じる今日この頃。

前に使っていたファンデーションも色が合わなくなった・・・なんてことはありませんか?

実は、美白化粧品でもなかなか解消できない肌のくすみも、クレンジングの選び方一つで速効、透明感のある肌が目指せることもあるんです。

こちらでは、くすみを取るクレンジングの選び方や、すぐにくすみ解消効果を実感できるおすすめのクレンジング料をご紹介します。

肌のくすみのタイプ別の原因と対処方法についてもわかるようになっているので、ぜひチェックしていってくださいね。

くすみを取るクレンジングの選び方

クレンジングといっても、オイルクレンジングやクリームクレンジングなど、巷にはいろんなタイプがありますよね。

その中からどんなものを選ぶとくすみを解消することができるのか、まずはくすみを取るクレンジングの選び方をご紹介します。

肌がごわついたくすみを取るには、角質が落とせるクレンジングがベスト

https://www.duo.jp/

肌がくすんでいる原因で一番多いのが、肌表面に古い角質が堆積してしまった「角質肥厚」です。

40代、50代のアンチエイジング世代は、代謝が低下しているため、皮膚の生まれ変わり、いわゆる「ターンオーバー」が乱れがち。

そのため、普通なら本来の役目を終え、はがれ落ちてしまうはずの古い角質がこんなふうに肌表面に残ってしまいます。

もともと古い角質はメラニンを含み、若干黒みを帯びているので、厚く重なると肌が灰色がかって見えるようになります。

そのため、くすみを解消するためには、このたまってしまった角質を除去する必要があります。

角質除去ができるクレンジングの種類

では、角質肥厚による肌のくすみを取るクレンジングは、実際にどうやって見極めればいいんでしょう?

クレンジングに限らず、洗顔料やふきとり化粧水で古い角質を除去する効果があるのは、主に

  • ピーリング成分
    ・・・AHA(フルーツ酸)やBHAといった酸の力で古い角質を除去。
  • 酵素
    ・・・タンパク質を分解する酵素で古い角質を除去。
  • イオウ
    ・・・古い角質を柔らかくして除去。
  • クレイ
    ・・・クレイが古い角質を吸着して除去。
  • スクラブ
    ・・・スクラブの粒が古い角質を絡め取って除去。

といった成分を配合したもの。

この中で、クレンジングによく使われているのが「クレイ」と「スクラブ」です。

クレイとスクラブが配合されたクレンジングは、通常のクレンジングでは落としきれない角質を吸着、または絡め取って除去してくれる優秀なアイテム。

W洗顔不要のものも多く、使った後はくすみが取れるだけでなく、肌のごわつきがなくなり、すべすべになります。

ただ、スクラブは商品によっては肌を傷つける形状をしたものもあります。

「こんにゃくスクラブ」など、丸い形状のスクラブを採用したクレンジングがおすすめです。

黄ばんだくすみを取るには、肌ステインを除去できるクレンジングで

https://www.attenir.co.jp/

古い角質を取っても解消しにくい、少し黄色みがかったくすみは「肌ステイン」によるもの。

タンパク質でできた古い角質が化学反応によって黄ばんでしまい、それが加齢で起こる肌内部の変化で蓄積されるために起こる肌のくすみです。

「肌ステイン」の蓄積によってくすんだ肌は、通常のクレンジングや美白化粧品を使ってもなかなか改善できません。

「昔に比べて肌が黄色くなってきた?」と感じるくすみには、「肌ステイン」に対応した専用のクレンジングでケアしていきましょう。

乾燥ぐすみを取るなら、植物性油脂配合のクレンジングがおすすめ

  • 朝はいいんだけれど、夕方になるとくすむ・・・
  • グレーがかった肌色が気になる・・・

という方は、肌の乾燥がくすみの原因になっている可能性大。

ふだんのクレンジングや洗顔料で皮脂を取り過ぎていたり、保湿ケアが十分でないと、時間がたつと乾燥で皮膚が毛羽立って、肌のくすみが起きやすくなります。

そんな乾燥ぐすみを解消するには、植物性油脂配合のクレンジングがおすすめです。

植物性油脂を主成分とするクレンジングは、皮脂汚れやメイク汚れとのなじみがよく、洗浄力が高い割に皮脂を落とし過ぎないのが最大のメリット。

少し肌に残っても人の皮脂の代わりとなるため、使い続けていると、くすみのない、うるおいのある肌に改善されていきます。

血行不良によるくすみを取るには、炭酸クレンジングで血流改善

https://hadanature-rmc.jp/r/

青みがかった肌のくすみは、血行不良が原因の場合が多いです。

これは、睡眠不足や運動不足、栄養不足などで血流が滞り、酸素が行きわたらないため血液の色が暗くなるために起こります。

血流を促す作用のある炭酸を配合したクレンジングを使うと、簡単にマッサージ効果が得られるのでくすみケアが簡単。

炭酸パックもできるものがおすすめです。

くすみを取るクレンジングを選ぶポイントまとめ

  • 角質肥厚ぐすみにはクレイや丸い粒のスクラブを配合したクレンジング
  • 肌ステインによるくすみには専用のクレンジング
  • 乾燥ぐすみには植物性油脂配合のクレンジング
  • 血行不良ぐすみには炭酸クレンジング

くすみを取るクレンジングおすすめランキング

以上を踏まえ、こちらからは肌のくすみ解消におすすめのクレンジングを、口コミなどをもとに人気順にランキング形式でご紹介します。

どんなくすみのタイプに効果的かがわかるようになっていますので、ぜひ、あなたのくすみのタイプに合わせて選んでみてくださいね。

No.1 D.U.O ザ・クレンジングバームホワイト

価格 通常価格 3,600円+税
定期初回特別価格 1,800円+税
容量 90g
備考 定期価格 通常価格の20%オフ
(いつでも解約・変更可能)
マツエクOK・W洗顔不要
全額返金保証付き
クレンジングのタイプ クレイ配合バームクレンジング
こんな肌のくすみに最適 角質肥厚によるくすみ

公式サイトでチェック

吸着力の高いクレイ配合!くすみ解消に特化したクレンジング

D.U.O.ザ.クレンジングバームホワイトは、角質肥厚による肌のくすみ解消に特化したバームタイプのクレンジングです。

古い角質を吸着して除去してくれるモロッコ産のクレイが古い角質を吸着して除去してくれるので、洗うたびにくすみ抜けした実感が味わえます。

また、肌色ケア成分がブレンドされ、加齢による肌ムラを一掃してブライトアップ。

透明感のあるツヤ肌に洗い上げて、ごわつきのない、やわらかな肌に育ててくれます。

W洗顔不要で毎日のメイク落としも楽チン♪全額返金保証付きで、安心して肌のくすみへの効果を試せます。

No.2 アテニア スキンクリアクレンズオイル

価格 1,836円
容量 175ml
備考 化粧水2週間分プレゼント
マツエクOK・W洗顔不要
クレンジングのタイプ 肌ステイン専用オイルクレンジング
こんな肌のくすみに最適 肌ステインによるくすみ

公式サイトでチェック

肌ステイン専用!アンチエイジング世代の黄ぐすみに

アテニアのスキンクリアクレンズは、@コスメや様々なメディアでコスメランキング1位を多数獲得した人気のオイルクレンジング。

くすみの第三の原因、肌ステインの蓄積をケアしてくれる、アンチエイジング世代にうれしいくすみケアクレンジングです。

日本初配合の原料、「ロックローズオイル」がこびりついた肌ステインをゆるめて除去。

「イモーテルオイル」が新たな肌ステインの蓄積を防いで、くすみのないツヤのある肌に育ててくれます。

W洗顔不要で塗れた手でも使える手軽さと、2カ月分2,000円に満たないコスパのよさも人気の理由。

今ならドレスリフトローション2週間分ももらえます♪

No.3 リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

価格 通常価格 5,696円+税
定期初回特別価格 2,848円+税
容量 150g
備考 初回もう1本プレゼント
マツエクOK・W洗顔不要
全額返金保証付き
クレンジングのタイプ こんにゃくスクラブ配合ジェルクレンジング
こんな肌のくすみに最適 角質肥厚によるくすみ
乾燥によるくすみ

公式サイトでチェック

こんにゃくスクラブで肌を傷つけずに古い角質をオフ

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは、プルプルとやわらかいこんにゃく由来のスクラブで角質を除去することができる濃厚美容液クレンジング。

W洗顔不要でお風呂場でも使えるジェルタイプで、デイリーにも使いやすいクレンジングです。

小さなこんにゃくスクラブが毛穴の汚れも落としてくれるので、使い続けると、肌のくすみと一緒に毛穴の黒ずみも改善されます。

保湿成分だけでメークを落とす仕組みなので、洗い上がりはしっとり。

肌が乾燥しやすく、時間がたつとくすむ・・・という方にもおすすめです!

No.4 シュウウエムラ アルティム8 スブリム ビューティクレンジングオイル

価格 11,500円+税
容量 450ml
備考 マツエクOK・W洗顔不要
クレンジングのタイプ 植物性油脂配合オイルクレンジング
こんな肌のくすみに最適 乾燥によるくすみ

植物性由来成分99%!至福の時間を味わえる高級クレンジングオイル

シュウウエムラのアルティ8クレンジングオイルは、カメリアオイルをはじめ、最高級の植物性油脂を主成分として作られたオイルクレンジング。

使い心地がよく、シュウウエムラのアイテムの中で一番売れている人気のクレンジング料です。

濃いメイクもするんと落ちるほど洗浄力は高めですが、保湿力が高く、洗い上がりのつっぱり感はなし。

慢性的な肌の乾燥も改善され、くすみのない、艶やかな肌に変わっていくのが実感できますよ♪

NO.5 ビーグレン クレイウォッシュ

価格 4,212円
容量 150g
備考 W洗顔不要
全額返金保証付き
クレンジングのタイプ クレイ配合クレンジング兼洗顔料
こんな肌のくすみに最適 角質肥厚によるくすみ

公式サイトでチェック

ミクロの掃除機でくすみも毛穴も一掃!天然クレイのクレンジング

ビーグレンのクレイウォッシュは、これ1本でクレンジングもできる泡立たないタイプの洗顔料です。

汚れだけを吸着してくれる天然クレイのモンモリロナイトが肌の表面に頑固に残った角質を絡め取り、くすみを解消。

肌の水分バランスを整えながら、普通の洗顔料では落としきれない汚れまでしっかり落とし、即効で明るい肌に洗い上げてくれます。

365日という長期間の全額返金保証に加え、DM等による勧誘も一切ないので、安心して試せます。

くすみ抜けを促すクレンジング法

簡単に肌のくすみのタイプや原因、そして、それぞれのくすみ解消に効果的なクレンジングをご紹介しました。

でも、クレンジング方法を間違っていると、せっかくのくすみを取る効果が半減してしまうこともあります。

くすみ抜けをしっかり実感できるよう、正しいクレンジング方法を押さえておきましょう。

正しいクレンジングのやり方

step
1
手に適量のクレンジング料を取る

まず、各クレンジングの説明書に記載されている量の半分を手に取ります。

step
2
Tゾーンにのせる

まず、顔の皮膚の中でも比較的強いおでこや鼻にかけてのTゾーン部分にのせます。

指の腹を使ってやさしく広げながらなじませていきましょう。

step
3
Uゾーンにのせる

残り半分のクレンジング料を再び手に取り、今度は頬やフェイスラインにかけてのUゾーンにのせ、伸ばしていきます。

step
4
目元や口元になじませる

最後は目元や口周りの部分に広げてなじませていきます。

ここは皮膚の弱い部分なので、特に丁寧にやさしくを心掛けて伸ばします。

step
5
ぬるま湯ですすぐ

人肌程度のぬるま湯で手早くすすぎます。

W洗顔が必要なクレンジングの場合は、多少べたつきが残っても大丈夫。

続けて洗顔料で洗えば完了です。

W洗顔不要の植物性油脂が主成分で作られたオイルクレンジングを使うと、べたつきが残ってもそのままでOK。人間の皮脂と似た成分なので、皮脂の代わりとなって肌を乾燥から守ってくれます。

クレンジングでやってはいけないこと

ゴシゴシこする

汚れを落とそうと、力を入れてゴシゴシこするのはNG。

クレンジング時に肌を摩擦すると、刺激で炎症性の色素沈着を起こし、メラニンぐすみを起こす原因になります。

力を入れなくても汚れは落ちるので、指の腹を使ってやさしくなじませましょう。

クレンジングの料をケチる

クレンジング料の説明書の記載された量よりも少なく使ってしまうと、肌に摩擦が起きやすくなります。

たっぷり使って、肌なじみをよくしましょう。

熱いお湯で洗い流す

熱いお湯で洗い流すと、皮脂を取り過ぎて肌を乾燥させ、乾燥ぐすみを引き起こす原因になります。

また肌が乾燥すると、ターンオーバーが乱れ、角質肥厚ぐすみが起きやすくなることも。

熱すぎず、冷たすぎず、人肌程度のぬるま湯ですすぎましょう。

時間をかける

クレンジングを丁寧になじませるのはいいのですが、時間がかかると肌の負担になります。

1分ほどで手早く行いましょう。

くすみを予防するクレンジングの注意点

  • 肌をゴシゴシしない
  • クレンジングの使用料を守る
  • 時間をかけない
  • ぬるま湯で洗い流す

角質肥厚をクレンジングで取るとくすみが改善するのはなぜ?

古い角質が厚くたまると、肌は硬くなって、ごわごわした状態になります。

肌を触って、硬いな、ごわついているなという感触があれば、その肌のくすみは角質肥厚が大元の原因と考えられます。

実は、この角質肥厚はクレイやスクラブを配合したクレンジング以外にも、ピーリング成分を配合した洗顔料や酵素洗顔料でも簡単に落とせます。

角質肥厚を落とすとくすんだ皮が1枚はげる感じなので、即効でくすみが改善したと感じるはずです。

ただ、ピーリングやスクラブ、酵素洗顔料は割と刺激が強いものもあるので、敬遠する方も多いようですね。

その点、クレイやこんにゃくスクラブなどを配合したクレンジングなら、比較的、作用が穏やかで、肌に負担をかけずに古い角質を取ることができます。

では、普通の洗顔料やクレンジングで角質肥厚が落とせないのかというと、やっぱり配合している成分を見る必要があります。

角質肥厚を落とせるのは、フルーツ酸やサリチル酸などの角質ケア成分を配合したものか、角質を吸着して絡め取るベントナイト等のクレイ(泥)を使ったもの。

こうした成分を配合した洗顔料やクレンジングであれば、角質を簡単に落とすことができ、すぐにくすみ改善効果を感じられます。

クレンジングでくすみが解消しないとき

ランキングでご紹介したクレンジングでくすみが解消しないときは、肌がくすんでいる原因が角質肥厚によるものではなく、慢性的な保湿不足や、栄養不足による血行不良が原因と考えられます。

この場合のくすみは、生活習慣や保湿ケアを見直すことが大切です。

それぞれの特徴と効果的なくすみ対策をご紹介します。

慢性的な肌の乾燥によるくすみの特徴と対策

アンチエイジング世代の肌は、肌表面の角質層内に存在するセラミドという物質が減少し、肌が乾きやすい状態になっています。

この状態で、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの一般的な保湿成分を肌に補っても、保水力が低下しているため、肌から蒸発してしまいます。

この状態が続くと慢性的に肌が乾燥し、肌のターンオーバーが乱れ、角質肥厚を起こす原因となり、くすみがなかなか改善してくれないんです。

慢性的な乾燥肌を改善するためには、まず化粧品でセラミドを補うことが先決。

肌の保水力を回復させた上で保湿を行うと、くすみを根本から解消することができます。

クレンジングで肌を洗い上げた後は、セラミドを配合した美容液やクリームで、慢性的な乾燥肌状態を改善していきましょう。

栄養不足による血行不良が原因で起こるくすみの特徴と対策

くすみを取るクレンジングを使っても、顔色がぱっと明るくならない場合で、不健康な皮膚の色をしているときや、目の下に青クマを併発しているときは、栄養不足で血行不良を起こしている疑いがあります。

血流が滞っていると、肌に必要な栄養が届かないだけでなく、血管が黒くなって、顔全体が黒くくすんで見えてしまいます。

スキンケアも大切ですが、まずは適度な運動を心掛け、体を温める食事や飲み物で体を冷やさないようにすることが大事。

血行を促すビタミンEや鉄分を意識的にとり、代謝を高めると、徐々に顔色もよくなり、くすみも改善されていきます。

クレンジングと併せて行いたいくすみ対策

肌のくすみの原因として一番多い角質肥厚は、肌のターンオーバー周期が崩れてしまうことが原因で起こります。

この原因を解消しておかないと、いくらクレンジングで肌のどんよりを改善しても、また新たな角質肥厚が起き、肌がくすんでしまいます。

また、活性酸素による肌ステインの蓄積にも、アンチエイジング世代ならしっかり対処すべき。

そのためには、クレンジングで古い角質を取るだけでなく、

紫外線対策は一年を通して行う

保湿はセラミド配合の美容液やクリームでしっかり乾燥対策

活性酸素による酸化を防ぐ抗酸化化粧品を取り入れる

くすみを予防する栄養素ビタミンA、E、鉄分を意識して補う

といったケアも大切です。

とはいえ、やはりくすみ対策の出発点はまずクレンジング。

頑固なくすみにお悩みの方、ぜひクレンジング、見直してみてくださいね!

-くすみ, クレンジング, ランキング

Copyright© HadaBeauty , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.