シワ・たるみ対策

顔にある表情筋の種類と働き

投稿日:


ダイエットなどのために体の筋肉を鍛える人は多いですけど、顔にもたくさんの筋肉があるということを意識したことがありますか?

表情筋と言われる顔の筋肉は全部で30種類以上もあり、それぞれの筋肉が作用して、普段の様々な表情を作り出しています。

これら表情筋も、体の筋肉同様鍛えればハリを増し、表情ジワの予防に繋がるので、ぜひ意識して動かしていきたいところ。主な表情筋の種類と働きをご紹介します。

前頭筋(ぜんとうきん)

眉頭から目元へと縦に伸びている筋肉で、眉を上げる働きをします。衰えると額のシワの原因となります。

眼輪筋(がんりんきん)

目の周囲の筋肉で、目を開閉させる働きをします。目尻のシワ、瞼のたるみ防止にはこの筋肉を鍛えると効果的です。

鼻根筋(びこんきん)

鼻筋から額へと伸びる筋肉です。鼻の横ジワを作るとても薄い筋肉だと言われています。

雛眉筋(すうびきん)

眉間部分の筋肉で、苦しい時などの表情を作る、眉間のシワを寄せる筋肉です。

頬筋(きょうきん)

上顎の関節から口角にある筋肉で、口角を上げる働きをする筋肉です。

笑筋(しょうきん)

口元の横の頬あたりの筋肉で、微笑みやえくぼを作る筋肉です。

口輪筋(こうりんきん)

口の周囲の筋肉で、口元の表情を作ります。唇を突き出す表情をすると収縮して鍛えられます。

頤筋(おとがいきん)

唇の下から顎の中央にかけて伸びる筋肉です。下顎を押し上げて顎のラインの引き締める働きをします。たるむと二重あごの原因となります。

表情筋は日頃から意識していない筋肉。使わないとどんどん衰えて、シワやたるみの原因になります。入浴の時間やテレビを見る時間などを利用して、毎日動かすようにしましょう。

エイジングケア化粧品

-シワ・たるみ対策

Copyright© HadaBeauty , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.