くすみ対策

顔がくすむ原因と解消法|肌のくすみ改善に効果的なスキンケア

更新日:

夕方になるとどんより顔がくすむ・・・
瞼のくすみが目立つ・・・
肌がくすんで老けて見られる・・・

などなど、肌のくすみでお悩みのあなた。

いろいろやっても改善しないというときは、スキンケア方法が間違っているかも。

実は、くすみにも幾つか種類があり、そのくすみがなぜ起きているか、ちゃんと原因を突き止めて対策しないと、なかなか治ってくれないんです。

こちらでは、あなたの肌をくすませている原因と、それに合ったスキンケア方法をご紹介。

正しいケアを続ければ、透明感は思ったより早く取り戻せます。

ぜひ実践してみてくださいね!



そのくすみ、何で起きてるの?まずは原因を突き止める!

顔がくすむのは、

  • 角質肥厚
    ・・・古い角質が肌表面にたまっている
  • 血行不良
    ・・・血流が滞っている
  • 肌の乾燥
    ・・・角質層内の水分が不足している
  • 色素沈着
    ・・・こすりすぎなどでメラニンがたまっている

大体、こんなことが原因です。

では、それぞれの特徴を挙げますので、まずどれに当てはまるかをチェック!

思い当たることがあれば、それがあなたのくすみの原因です。

それぞれ効果的なお手入れ方法をご紹介していますので、そちらに進んでくださいね。

くすみの原因別特徴

角質肥厚によるくすみ

30歳を超えている。
肌を触ると硬く、ごわごわ、ざらざらしている。
ニキビや吹き出物ができやすい。
洗顔後、一時的に肌が明るくなることもある。

お手入れ方法へ

血行不良によるくすみ

いつも睡眠不足気味。
湯船につかることがあまりない。
座ったままでいることが多く、運動することがない。
顔色が悪いとよく言われる。
目の下にクマができることもある。

お手入れ方法へ

肌の乾燥によるくすみ

小ジワができやすい。
かさついて、肌にツヤがない。
乾燥がひどいと、頬や口元に粉を吹く。
肌荒れを起こしやすい。

お手入れ方法へ

色素沈着によるくすみ

瞼のくすみや小鼻周辺にくすみがある。
目をこする癖がある。
よく鼻をかむ。
洗顔するときはゴシゴシ派。

お手入れ方法へ




くすみの原因別スキンケア!正しくお手入れして肌のくすみを解消!

こちらからは、くすみの原因別に効果的なスキンケア方法をご紹介します。

角質肥厚によるくすみを改善するスキンケア


くすみでお悩みの方で最も多いのがこのタイプ。

本来、時期が来ればはがれるはずの古い角質が肌にたまってしまい厚くなることを「角質肥厚」といいます。

もともと古い角質はメラニンを含んでいるため、厚くなると肌の透明度が下がり、褐色がかった状態に。

これが角質肥厚によって起こるくすみの仕組みです。

角質肥厚が起こるそもそもの原因は、肌のターンオーバー機能の低下。

特に30代以降からは角質肥厚を起こしやすいので、こまめなケアが必要です。

ピーリングや酵素洗顔で週に一度は古い角質を取り除き、ターンオーバーを促すと、くすみが改善されていきますよ♪

お手入れのポイント

  • ピーリングや酵素洗顔で古い角質を除去しましょう!

ピーリングや酵素洗顔料による角質ケアは、くすみ対策だけでなくエイジングケアにも有効なお手入れ法。

ただ酵素洗顔料は洗浄力が強いものもあるので、肌が乾燥しやすかったり、弱い方はピーリングから試してみてください。

ピーリング剤にはさまざまな種類がありますが、つけたときにちょっとだけピリッとして、洗い流すとツルッとするものがおすすめ。

ちなみに、管理人が使った中で一番よかったピーリングが「エトヴォスのスキンピールジェル」。

洗い流すタイプのピーリングジェルで、AHA8%とエステ並みに高濃度。

使い続けるとくすみもなくなり、本当に肌がきれいになるので、知人にも勧めています。

血行不良によるくすみを改善するスキンケア


仕事が忙しい、睡眠不足、冷え性、運動不足、栄養不良・・・こんなちょっとお疲れ気味の女性に多いのが血行不良による肌のくすみ。

血管には動脈、静脈とありますが、青く見える静脈の血流が滞ると静脈血が増え、それが皮膚から透けて見えるため、青くくすんだように映ってしまいます。

特に、色が白い方は目立ちやすく、目の下のクマを併発することも。

血行不良によるくすみを改善するためには、日頃からマッサージや適度な運動を取り入れて血行を促すことが大切です。

お手入れのポイント

  • 炭酸で血行を促して肌色をパッと明るく!

運動やマッサージを取り入れたいけど、毎日はなかなか難しい・・・そんな方には炭酸パックや炭酸クレンジングなど、炭酸配合の化粧品がおすすめ。

炭酸には肌を温める効果があり、毎日続けると血流がよくなり肌ツヤがよくなります。

炭酸配合の化粧品でおすすめなのが「肌ナチュールホットクレンジング」です。

高濃度炭酸を使ったホットクレンジングで、ほんわかとろける使い心地。

温泉上がりのような仕上がりで、肌もやわらかくなり、毎日のくすみ対策が楽しくなりますよ♪

肌の乾燥によるくすみを改善するスキンケア


肌の水分量が不足して乾燥していると、キメが乱れてツヤ感や透明感が低下。

肌表面が毛羽立ってしまい、肌に当たった光をきれいに反射できないため、どんよりと、くすみがちな肌になってしまいます。

このタイプのくすみは、乾燥によって毛穴も目立ちがち。

また、夕方になると顔がくすむという方も、このタイプが多いようです。

夕方になると顔がくすむのはなぜ?くすみの原因と解消法

顔がくすむのは、肌に古い角質が残っている場合や血行不良など、人によって原因が違います。 その中で、夕方になると顔がくすむというお悩みをお持ちの方にありがちなのが、 「朝は大丈夫なのに、時間がたつとどん ...

続きを見る

乾燥によるくすみをなくし、透明感のある肌に回復するためには、徹底した保湿ケアを行っていくことが大切。

それにはセラミド配合の化粧品が効果的です。

お手入れのポイント

  • セラミド保湿で一日中くすまない肌に!

乾燥によるくすみを起こしやすいのは、肌の水分保持能力が低下したときです。

角質層にセラミドを補うと肌に水分をためこむことができるようになり、徐々に乾燥が改善。

朝、セラミドを配合した化粧水や美容液で肌を整えると、一日中くすみのない肌に回復していきますよ♪

色素沈着によるくすみを改善するスキンケア


花粉症で目や鼻をこすったり、洗顔時にごしごししたり、アイメイクをコットンで強く拭き取ったり・・・という方に多いのがこのくすみ。

摩擦から肌を守るためにメラニンが発生して、くすみを起こしてしまいます。

このタイプのくすみには、メラニンの排出を促す美白ケアが有効。

ビタミンC誘導体やアルブチン、プラセンタなど、美白成分が配合された化粧品によるケアを取り入れましょう。

もちろん、意識して肌をこすらないよう気をつけることも大事。

洗顔後、顔をタオルで拭くときなどは、こすらず、軽く押さえるようにして水分を拭き取るようにするだけでも透明感が戻ります!

お手入れのポイント

  • ビタミンC誘導体でクリアな肌を取り戻す!

美白成分には様々な種類がありますが、メラニンによるくすみ対策に最もおすすめなのはビタミンC誘導体を配合した美白化粧品です。

美白化粧品は、あくまでシミやくすみを「予防」するものですが、ビタミンC誘導体は今あるくすみに作用するので、「改善」にも効果が期待できます。

調べてみると、「瞼のくすみ」にお悩みの方がどうも多いようなので、ここでおすすめのアイクリームをご紹介。

それはTREEの「目元とまつ毛のご褒美」です。

目元とまつ毛のご褒美の口コミ|話題のアイクリームの効果はどう?

「目元とまつ毛のご褒美」は、発売以来、たった3カ月で1万本を売り上げた、今話題のまつ育もできちゃうアイクリーム。 SNSでもよく見かけるアイクリームなので、 目元とまつ毛のご褒美の口コミってどう? 目 ...

続きを見る

美白成分のビタミンC誘導体とプラセンタエキス配合で美白効果もバッチリ。

血行も促進され、使っていると目元が本当に明るくなるので、瞼のくすみや目の下のクマにお悩みの方におすすめしています。

まとめ

以上、くすみの原因と効果的なスキンケア方法についてご紹介しました。

くすみは原因に合わせたケアを行わないとなかなか改善してくれませんが、正しくケアを行っていれば、意外と簡単に肌ツヤが戻ります。

くすみのない健康な肌は、いつまでも若々しく見えるもの。

正しいくすみ対策で、透明感のある美肌に育てていきましょう!

 

エイジングケア化粧品

-くすみ対策

Copyright© HadaBeauty , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.