クマ対策

目の下のクマを取るにはどうすればいい?クマの原因別効果的な治し方

更新日:

顔色をどんよりさせ、老けた印象を与えてしまう目の下のクマ。

目立ってしまうとすごく気になりますし、早く解消したいですよね。

こちらでは、「目の下のクマを取るにはどうすればいいの?」という方のために、正しいクマの治し方について詳しくご紹介。

なかなか消えてくれない目の下のクマにお悩みの方、ぜひ参考にしてくださいね。




目の下のクマが治らないのはなぜ?クマには3つのタイプがあった!

目の下のクマが気になって、いろいろやってるのになかなか治らない・・・

そんなときは、もしかすると対策方法が間違っているかも。

実は、目の下のクマには3つのタイプがあり、それによって原因や治し方が違うんです。

なので、効果的に目の下のクマを取るためには、まず自分のクマのタイプを見分けることが先決。

簡単に見分けられるので、チェックしてみましょう!

あなたのクマはどのタイプ?クマの簡単な見分け方

まず手鏡に自分の顔を映します。

そして、上を向きます

このとき、クマの色が薄くなったように見えたら、それは「黒グマ」です。

変化がなければ、次に目尻を横に引っ張ってみましょう

色が薄くなったら「青グマ」。

変化がなければ「茶グマ」です。

いかがでしたか?

自分のクマのタイプがわかったところで、タイプ別の正しいお手入れ方法に進みましょう。

目元の乾燥や加齢によって皮膚を支えるコラーゲンが減少することが原因で起こるクマ。

目の下がたるみ、その凹凸の影によって目元を黒く見せてしまっています。

睡眠不足や冷え等、血流が低下して血行不良を起こしている方に多いクマ。

目の下の薄い皮膚から青色をした静脈血が透けて見えるので、青っぽい色をしています。

摩擦や紫外線のダメージによって目元の色素が沈着し、皮膚の色が茶色くくすむことで起こるクマ。

目をよくこする方や、よく日焼けする方に多いのが特徴です。

タイプ別目の下のクマの原因と効果的な治し方

黒グマを解消するためのお手入れ法

黒グマは肌のハリと弾力を与えるケアが重要!

加齢や乾燥、紫外線の影響などでコラーゲンが減少し、それに伴ってハリや弾力が低下することで起こる黒グマ。

目の下にたるみができ、その凹凸部分の影が黒いクマとなって現れます。

この目の下のたるみ改善に効果的なのが肌のコラーゲンを増やすお手入れ法です。

コラーゲンを生み出す細胞を活性化する働きのあるビタミンCやレチノールを補うことが大切。

目元のハリや弾力を高めるエイジングケアで、目元にできる影を払拭し、黒グマを改善していきましょう!

黒グマをケアするときの注意点

肌のハリ改善にレチノールは効果的ですが、若干、刺激が強め。
レチノール配合のクリームを目元に塗るときは、目全体ではなく、目の下だけに塗るようにしましょう。
また、皮膚を摩擦するとコラーゲン線維が傷ついてたるみの原因となるため、クリームを塗るときはやさしくなじませ、肌を動かさないように塗ってください。

目の下のむくみが黒グマの原因のときも

若い世代で肌のハリや弾力も低下していないのに黒グマができるというときは、顔のむくみが原因かもしれません。

冷えによる血行不良や塩分のとりすぎなどは、目の下のむくみを起こす要因に。

冷たいものや塩分を控えるなど、日々の生活習慣に気をつけ、むくみを予防しましょう。

黒グマは3つのクマの中では一番治りにくい

クマの中でも、黒グマはスキンケアで一番改善しにくいタイプです。

根本的に改善したいというときは、専門家にレーザー治療やヒアルロン酸注入など美容クリニックでの治療も可能です。

シワやたるみに効果的な治療法は?最新のおすすめ美容医療をご紹介!

青グマを解消するためのお手入れ法

青グマにはマッサージが効果的!

寝不足気味の方や、目を酷使している方が起こしやすく、中でも色白で皮膚が薄い人が目立つ傾向にあるのが青グマ。

血行が悪くなると老廃物が排出されなくなり、滞った静脈血が透けて見え、目の下が青っぽくなってしまいます。

この改善に即効性があるのがマッサージ。

目の周りをマッサージすると、血流がスムーズになり、老廃物の排出が促されるため、すぐに目元が明るくなり、青グマが解消されます。

青グマ解消に効果的なマッサージ法

スキンケアが一通り終わったら、最後にツボ押しマッサージを。

下の画像のように、眉の下と、目の下の骨の上を、内側から外側に向かって少しずつ、指の腹で圧を加えるように押していきます。

この部分を押すと滞った血流が促されて血行を促進。

即効性があり、パッと目元が明るくなるので、ぜひ試してみてください。

またホットタオルで目元を温めるのも効果的。

目の疲れもとれる上、血行もよくなるので、毎日行うと青グマも徐々に改善されていきますよ♪

青グマをケアするときの注意点

目の皮膚は薄く、思った以上にデリケート。
そのため、強くマッサージをすると色素が沈着して黒ずんでしまいます。
強く押すと気持ちいいのですが、力任せにやらず、薬指の腹を使ってやさしく圧を与えていきましょう。

茶グマを解消するためのお手入れ法

茶グマにはメラニンの排出を促す美白ケアを

摩擦や紫外線ダメージによる色素沈着によって起こる茶グマ。

アイメイクを落とすときや、めがかゆいときなど、目元を強くこすったり、紫外線をたくさん浴びたりして目の下に細かいシミができている方にありがちなクマです。

メラニンの生成による色素沈着が主な原因なので、茶グマ解消には美白ケアが最も効果的

美白成分が配合されたアイクリームや週に1~2回のピーリングでメラニンの排出を促しましょう。

茶グマアイクリームランキング|頑固な茶グマ解消にはコレが効く!

また、目をこする癖がある方は茶グマができやすいので、意識して癖を直すことも大切。

かゆみに伴ってどうしても目をこすってしまうという方は皮膚科に相談しましょう。

茶グマをケアするときの注意点

茶グマは、摩擦によって起こっていることが多いので、スキンケアでも目元をこすらないように注意しましょう。
アイメイクを落とすときも、こすらないよう、やさしく行うことが大切です。

紫外線対策で茶グマを予防

茶グマは紫外線によってできた小さなシミが集まっても起こります。

そのため、日頃から万全な紫外線対策が大切。

少しの外出でも、UVクリームやパウダーファンデーションを塗るなどして、シミを予防しましょう。

目の下のクマを隠すメイク法

どのタイプのクマも、ケアをしてからすぐに解消されるわけではありませんよね。

ですので、それまではメイクで隠していきましょう!

それにはペンのような形をしたアプリケータータイプで、テクスチャがやわらかい肌色コンシーラーが便利です。

どんなのかというと、こんな感じのコンシーラーが使いやすくてオススメ。

まずは気になるクマにかぶせるように、目の下に太めに斜線を引いていきます。

次に、薬指を使って、クマの部分が隠れるように左右になじませていき、ぽんぽんと指の腹でたたいて、さらになじませます。

最後にムラのないように、スポンジの端を使って余分な油分をとっていきながら仕上げると、きれいに目の下のクマが隠せます。

割と簡単に隠せますので、ぜひ試してみてくださいね。

目の下のクマによくある疑問

朝起きたときだけ目の下のクマが目立つのはなぜ?
この場合のクマは、むくみが原因で起こっているケースが多いです。

また、もともと黒グマがある方は、むくみが起こるとさらに目立つ傾向に。

水分や塩分のとりすぎに注意したり、冷たい飲み物を控えるなどして、むくみを予防しましょう。

寝ても寝てもクマが取れないのはどうして?
睡眠不足が目の下のクマを作る原因というわけではありません。

前述したように、クマのタイプには3つあり、それぞれ対処法が違います。

睡眠時間が足りないと血行不良になりやすく、青グマができることがありますが、十分寝ても取れない場合は、他の原因を考えましょう。

目の下のクマは遺伝する?
青グマや黒グマの場合は遺伝する可能性もあります。

冷えやすい体質だと青グマができやすく、彫りの深い顔立ちが似ていれば黒グマが目立ちやすくなります。

まとめ

以上、目の下のクマを取る方法についてご紹介しました。

簡単にまとめると、クマには3つの種類があり、それぞれ原因と治し方が違うということ。

自分のクマのタイプがわかったら、その原因に合わせて

  • 黒グマ
    ・・・ハリ・弾力を与えるケア
  • 青グマ
    ・・・血流を促すケア
  • 茶グマ
    ・・・美白ケア&UVケア

というお手入れを中心に行っていくことが大切です。

ぜひ日頃のスキンケアに取り入れて、クマのない、明るい目元を目指してくださいね!

こちらもおすすめ♡

目の下のたるみに効く美顔器おすすめランキング

目の下のたるみには、どんな美顔器がいいのか、種類もいろいろあるので迷ってしまいますよね。 そもそも、なぜ目の下のたるみが目立つようになってしまうかというと、原因は2つあります。 1つは目の周辺の筋力低 ...

続きを見る




エイジングケア化粧品

-クマ対策

Copyright© HadaBeauty , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.