エイジングケアの基礎知識

日焼け止めの選び方と正しい使い方

投稿日:

紫外線による肌ダメージは蓄積される


紫外線は肌老化のスピードを速める女性の敵。シミを作るだけでなく、お肌のコラーゲン繊維やエラスチン線維を傷つけて、肌弾力を奪い、シワやたるみを作ってしまう原因にもなります。

紫外線は目に見えないため、油断しているとダメージが蓄積されていきます。気がつくと急激に老け顔に・・・ということにならないためにも、日頃からUVケアには万全を期して取り組みましょう。

日焼け止めの選び方

サンケア指数をチェックする

日焼け止めには、紫外線B波をカットする力を表すSPF値と、紫外線A波をカットする力を表すPA値という表示があります。これをサンケア指数といいます。

A波とB波、どちらの紫外線も肌老化を招く原因となりますので、両方の紫外線を防げる日焼け止めでなければ塗る意味がありません。ですので、まずは両方のサンケア指数をチェックしておきましょう。

SPFは数値、PAは「+」でカット力を示していて、多ければ多いほど、カット力が強いということを表していますが、強いものほどお肌には負担がかかります。

普段使いなら、SPF20~30、PA+またはPA++のもので十分です。

配合成分をチェックする

日焼け止めに使われている成分は、2種類に分けられます。

紫外線吸収剤

紫外線を吸収する物質のことで、代表的な成分としては、パルソールA、メギゾリルSX、オキシベンゾン、ケイ皮酸などが使われています。紫外線を浴びると、肌の上で化学変化を起こして紫外線をカットする働きをします。

紫外線散乱剤

紫外線を肌の上で反射する物質のことで、主に酸化チタン、酸化亜鉛、酸化セリウム、カオリン、タルクといった成分が使われています。

どちらが肌にやさしい日焼け止め?


紫外線吸収剤は、肌に刺激が少ない反面、白浮きしたり、乾燥しやすくなったりするため、使いにくさがあります。

紫外線吸収剤のほうがべとつかず使いやすいものが多いのですが、成分的には肌に刺激を与えることが多く、人によっては肌荒れやかぶれを起こすことも。敏感肌の方や肌の弱い方は、紫外線散乱剤のほうがおすすめです。

紫外線吸収剤が配合されていない日焼け止めには、「紫外線吸収剤フリー」、「ノンケミカル」、「紫外線吸収剤不使用」といった記載がされていますが、不明なときは、上記のような成分が入っていないか、チェックをするようにしましょう。

テクスチャをチェックする

ローション、ジェル、スプレータイプの日焼け止めは使いやすいため人気ですが、実は紫外線吸収剤が使われていることもあります。

一方、紫外線吸収剤が入っていない日焼け止めの多くは、クリームタイプか乳液タイプ

使用感がいいからといって肌にやさしいかというと、意外と肌荒れの原因になったりするので、テクスチャは要チェックです。

日焼け止めの使い方

日焼け止めを頬骨などの気になる部分にだけ塗っている方もいますが、これはダメ。日焼け止めは顔全体に厚くしっかり塗らないと効果が半減してしまうので注意が必要です。

ちなみに、大抵の日焼け止めは、皮膚の1cm四方につき2mgの換算でサンケア指数を表示していますが、実際つけてみると結構な量だということがわかります。

べとつきが苦手という方は、クリームタイプでパール2個分くらいを手に取り、日焼けをしやすい頬や額には重ね塗りをして、パウダータイプのファンデーションを使うと効果的です。

また一度塗ったからといって油断は禁物。シミやシワを作らないためにも、一日にこまめに塗り直せるよう、日焼け止めはいつも持ち歩きましょう。

エイジングケア化粧品

-エイジングケアの基礎知識

Copyright© HadaBeauty , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.