エイジングケアの基礎知識

肌に負担をかけない洗顔料はどれ?洗顔料の種類と特徴

投稿日:


毎日、欠かせないスキンケアといえば洗顔。

特にニキビでお悩みの方にとって、肌をきれいにするスキンケアで最も大切なケアといっても過言ではありません。

ただ、市販されている洗顔料はタイプも値段も様々。どんなタイプを選べばいいのか、迷う方も多いはずです。

ついつい好みやパッケージ、しっとり感などで選びがちな洗顔料ですが、洗顔料を変えるだけで肌が劇的にきれいになることもあります。

肌トラブルを改善するためにも、洗顔料の特徴と効果を知って、自分のお肌に最適な洗顔料を選びましょう。

洗顔料の種類と特徴

最もスタンダードな洗顔フォーム

洗顔料として最もスタンダードなのが、チューブ入りの洗顔フォーム。洗顔フォームは種類も多く、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分や角質除去のためのスクラブが入ったものなど、その効果も価格も様々です。

ただ、洗顔後もしっとりといった表記があると保湿効果が高く、お肌にいいイメージを持ってしまいますが、実はあまりおすすめできません。

というのは、洗い上がりがしっとりする洗顔料には油分が含まれていることが多いからです。

洗顔後、油分がお肌に残った状態だと、確かに触るとしっとりしますが、皮膚表面に油膜ができて、この後の化粧水や乳液、クリームに配合されている美容成分がはじかれてしまい、肌に浸透していきにくい状態になってしまいます。

本来、洗顔は汚れを落として、その後のケアによる美容成分を浸透しやすくするためのケア。

ですので、いろいろな成分が配合されているものよりも、できるだけシンプルなものを選ぶことが美肌作りの基本です。

使用量を守り、擦り過ぎず、よく泡立てて使うようにしましょう。

そのまま洗えて楽な泡タイプ

泡立てる手間のいらない泡タイプの洗顔料は、そのまま使えて便利なので、忙しい人や、ちょっとめんどくさがりさんにも人気の洗顔料。

洗顔料が肌に触れている時間が短いので、その分、肌への負担が軽減されるという面もありますが、反面、最初から泡が出るということは、肌に刺激の強い発泡剤や界面活性剤が多く使われているものが多いので、敏感肌や乾燥肌の方は注意が必要です。

長い目で見ると、泡タイプの洗顔料はあまりおすすめできませんが、便利なのでどうしても使いたい!という方は、きめ細かくてやわらかい泡が出るタイプのものを選ぶようにしましょう。

固形の石鹸タイプ

一番昔からある洗顔料と言えば固形石鹸です。

今では基材のオイルにこだわったり、精油やヒアルロン酸、コラーゲンなどの美容成分が配合されたものも多くなり、様々な種類がありますが、こちらも洗顔フォーム同様、汚れを落とすだけの、シンプルなものがおすすめです。

固形石鹸は合成界面活性剤を含まないものも多く、洗い流しやすいので、超乾燥肌の方や敏感肌の方に向いています。

ミネラルたっぷりクレイタイプ

モンモリロナイトやカオリンなど素材をそのまま使用したものや、フォームに混ぜたものなど様々なタイプのあるクレイ洗顔料は、毛穴の汚れをやさしく取り除いたり、古い角質を無理なく除去するのに効果的。

クレイに含まれるミネラルが肌に潤いを与えながらピーリング効果を発揮するので、スクラブが苦手な人の角質ケアにお勧めです。毛穴の詰まりを防いでくれるので、ニキビや毛穴の黒ずみにお悩みの方におすすめです。

酵素洗顔料

酵素洗顔料の一番の効果は、クレイ洗顔料と同様、古い角質を落とすピーリング効果。

酵素の力でタンパク質を溶かすので、毛穴に詰まった角栓もきれいに除去することができ、ニキビや小鼻の黒ずみ、ターンオーバーが乱れているお肌の方に使ってみてほしい洗顔料です。

ただし、酵素洗顔は肌に負担の大きいものもあるので、敏感肌の方は控えたほうがいいかもしれません。

洗顔料の役割と肌に負担をかけない洗顔方法

洗顔料の本来の役目は皮膚に残った汚れを落とすこと。そして、その後に使う化粧水などの基礎化粧品の美容成分が浸透しやすい土台を作ってあげることです。

自分の肌悩みや使いやすいタイプの洗顔料で、洗い上がりに油膜を残さないためにも、あまりいろんな美容成分を配合されていないシンプルなものがイチオシ。界面活性剤に触れている時間を短縮するためにも、こすらずやさしく手早く肌になじませ、すぐに洗い流すことが大切です。

また肌に必要な皮脂を流しすぎないためにも、熱いお湯ではなく、ぬるま湯で洗い上げるのも、肌に負担をかけないコツです。

エイジングケア化粧品

-エイジングケアの基礎知識

Copyright© HadaBeauty , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.