エイジングケアの基礎知識

マッサージオイルの種類と使い方

投稿日:

アンチエイジングに欠かせないマッサージオイルには様々な種類があります。それぞれのオイルの特性を知り、効果的にスキンケアに取り入れていきましょう!

抗酸化作用のあるオイル

マッサージオイルでよく用いられるのが植物性のオイルです。

人の皮脂に近いと言われるホホバオイルを始め、抗酸化作用の高いオリーブオイル、スイートアーモンドオイル、さらりとした使用感のグレープシードオイルも人気のオイルです。

また、やや高価なローズヒップオイルも高い抗酸化作用とターンオーバーを整える効果があるので、他のオイルと併せて使用するとより美肌効果を実感することができます。

角栓を取り除くのに適したオイル

毛穴に詰まった角栓を取り除くのに適しているのがオリーブオイルです。

他のオイルより若干粘度が高いので、肌によく馴染み、マッサージしているうちにポロポロと角栓や古い角質が取れていきます。

毛穴は温めないと広がらず汚れがしっかり落とせないので、入浴時にしっかり温めた肌に使用すると効果が上がります。

植物性のオイルは食用のオイルで代用する人もいますが、添加物や製法などの問題がある場合もあるので、できれば化粧品グレードのものを使用しましょう。薬局などでも手に入ります。

ハリ・弾力には動物性オイル

ハリ・弾力には皮脂が本来持つ成分であるスクワランオイルや、馬油など動物性オイルが効果的です。

スクワランオイルは保湿だけでなく肌の新陳代謝を活発にする効果もあるので、ハリや弾力だけでなく、毛穴が気になる肌にもお勧めのオイルです。

馬油は粘度の高いバーム状のものと、サラサラした液状のものがありますが、とても栄養が豊富でマッサージするだけで肌がハリを取り戻すのを実感することができます。

ただし、多量に使用すると栄養過多で吹き出物などの原因になる場合があるので、ニキビができやすい方にはあまりおすすめできません。不安に感じるときは、ごく少量からはじめてみましょう。

リラックス効果・ニキビ肌にお勧めの精油


リラックス効果や肌の炎症を鎮静する効果が欲しい時には、ラベンダーオイルやカモミールオイルなど精油を数滴いつものオイルに加えると、よりスキンケア効果がアップします。

精油には様々な種類と効能があるので、自分に合ったものを選びましょう。はまると、とても楽しくなること請け合いです。

エイジングケア化粧品

-エイジングケアの基礎知識

Copyright© HadaBeauty , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.