エイジングケアの基礎知識

抗酸化化粧品ってどんな化粧品?

投稿日:


毎日のストレスや紫外線、食べ物など様々な要因で、日々体の中には活性酸素という物質が発生しています。

活性酸素というのは、体内で増えすぎてしまうと、肌を酸化させ、ターンオーバーのサイクルをを乱して、シワやシミなど老化の原因になってしまう厄介なもの。

お肌を酸化から守るために一役買うのが抗酸化作用のある成分が配合された抗酸化化粧品。積極的にスキンケアに取り入れて、シミ・シワのない美しい肌を目指しましょう!

ビタミンC誘導体

抗酸化化粧品に配合されている代表選手と言えば、アンチエイジングに万能なビタミンC誘導体です。肌に浸透しやすく壊れにくいので、角質層まで速やかに浸透し、高い抗酸化作用を発揮します。

ビタミンE

ビタミンE(トコフェロール)は主に酸化防止剤として使用されることが多い成分で、強い抗酸化作用で皮脂の酸化を防止し、ターンオーバーを正常に整えるのにとても効果的な成分です。

プラセンタ・コエンザイムQ10

グロースファクターと言われる細胞分裂を促進する効果のあるプラセンタは、肌本来の保湿成分を作る繊維芽細胞を増やす効果があることで有名ですが、体内で過剰に発生した活性酸素を除去する効果もあります。

また、アンチエイジング成分として人気の高いコエンザイムQ10も、体内の活性酸素を除去したり抑制する働きがあります。

フラバンジェノール・ピクノジェノール

過酷な自然環境に生息するフランス海岸松の樹皮エキスで、ビタミンCやビタミンEよりも高い抗酸化作用を持っています。

アスタキサンチン

ビタミンCやビタミンEより強力な抗酸化作用を持つ成分で、エビやカニの殻などに含まれています。活性酸素を強力に除去する力がある貴重な成分です。

まだまだ他にも抗酸化成分はありますが、これら抗酸化作用のある成分が配合された化粧品を抗酸化化粧品と言います。

老化予防に効果的な抗酸化化粧品を毎日のスキンケアに取り入れて、活性酸素に負けない美肌を作りましょう!

エイジングケア化粧品

-エイジングケアの基礎知識

Copyright© HadaBeauty , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.