エイジングケアの基礎知識

ゆらぎ肌に負けない!季節ごとのスキンケア

投稿日:


「芽時、枯れ時はゆらぎの季節」と言われるように、肌の調子も季節や季節の変わり目によって少しずつ変わっていきます。

そこで毎日行うスキンケアも肌の状態に合わせて少しずつ内容を変えて、季節とともに移ろっていく肌を、よりよい状態へと導いていきましょう!

春や秋はゆらぎやすい肌に上手に付き合う

寒い冬から少しずつ温かくなる春や、暑い夏を越えて徐々に冷え込んでいく秋は肌の状態も不安定になりがちです。そんな時は洗顔で肌の汚れをしっかり落とし、適度な保湿で肌のバリア機能を高めていきましょう。

新しい化粧品を試したり、ピーリングなどの角質ケアを行う時は、肌の調子が安定している時期を選ぶようにしましょう。

紫外線の強い夏も保湿を忘れずに

汗をかく夏はつい保湿を疎かにしがちですが、夏の肌は強力な紫外線や汗によりダメージを受けやすいもの。クリームなどののベタベタした感じが気になる場合も、さっぱりした使い心地の乳液やクリームで、必ず保湿をするように心がけましょう。

また、紫外線のダメージがとても強い季節なので、食事に野菜や果物などでビタミンCをたくさん取るようにして、シミの原因となるメラニン色素の増殖を抑えていきましょう。

乾燥する冬は寝る前の保湿ケアがポイント

室内にいても屋外にいても乾燥する冬は、ひたすら保湿することが重要です。

化粧水に肌本来の保湿成分で保水力のあるヒアルロン酸や、ハリを保つコラーゲンなどが配合されたものを使うと、長時間乾燥を防ぐことができます。

また、保湿の蓋であるクリームや乳液も、こくのあるしっとりしたものを使うことをお勧めします。

寝ている間も肌が乾燥する冬は、寝る前に保湿クリームやワセリンを薄く顔に伸ばしておくと、翌朝の肌の潤いをアップさせることができますが、いろんな乾燥肌対策をしても効果が感じられないなというときは、お肌の水分量を保つ役割をする保湿成分、セラミドが不足しているかもしれません。

乾燥がひどいときや、肌に刺激を感じやすくなったときは、セラミドを配合した保湿化粧品でしっかり保湿ケアを行って、お肌の老化を予防しましょう!

エイジングケア化粧品

-エイジングケアの基礎知識

Copyright© HadaBeauty , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.