エイジングケアの基礎知識

ゴールデンタイムに睡眠をとると肌がきれいになるワケ

投稿日:

睡眠不足になると、肌荒れを起こしたり、ニキビができやすくなったりするのは、皮膚の細胞の再生が十分にできていないからと言われています。

それほど、睡眠はお肌を健康に保つためには大切だということ。

よく午後10時から午前2時の間はお肌のゴールデンタイムやシンデレラタイムと呼ばれますが、なぜこの時間に睡眠をとることが大切かという理由は、成長ホルモンにあると言われています。

肌をきれいにするためには成長ホルモンの分泌が不可欠

成長ホルモンとは、細胞が受けたダメージを修復、再生し、新しい細胞の成長を促してくれる物質のこと。

乾燥や紫外線など、一日に受けるダメージを修復したり、肌トラブルを改善したりしていくためには、成長ホルモンの分泌が不可欠です。

この成長ホルモンが最もたくさん分泌されるのが、眠りについてから大体2時間後のノンレム睡眠の状態が訪れたとき。

ゴールデンタイムに寝たほうがお肌にいいというのは、この時間帯に熟睡していると、最も成長ホルモンの分泌が活発になるからだと言われています。

お肌の調子がよくないときは、いい化粧品がないかと外側からのケアに気を取られがちですが、内側からのケアも大切。ゴールデンタイムに質のいい睡眠をとることで、自ずと肌の調子がよくなるのが実感できるはずです。

お肌の再生力を促すためにも、規則正しい睡眠リズムを心掛けるようにしましょう。

肌のゴールデンタイムに寝れない人は

ゴールデンタイムに熟睡するのがお肌にいいことは分かっていても、このご時世、夜の10時に就寝するというのも現実的に難しい方も多いのが実際のところ。

お肌のためにも、遅くとも12時には就寝をする習慣づけをおすすめしたいところですが、それがどうしても無理な場合は、毎日一定の時間に寝て、一定の時間に起きるという生活を続けることが大切です。

ゴールデンタイムに寝れないという方は、こうすることで成長ホルモンの分泌を促すことができます。

寝だめはムダ

寝不足を解消するために週末寝だめをするという方もいますが、この場合はお肌の再生力をアップさせることはできません。

また昼間に熟睡している間に成長ホルモンが分泌されるかというと、そんなこともありません。

肌をきれいにしたいなら、1日の肌のダメージをその日のうちに解消するという心づもりが大事。

毎日、規則正しい生活を送り、質のいい睡眠時間を確保するよう努力して、お肌の回復力をアップさせていきましょう。

睡眠前には体を温めてリラックス


ゴールデンタイムにゆっくり睡眠を取るためには、睡眠前の行動も大切です。

寝る直前まで物を食べていたり、テレビやパソコンをすると、胃腸に負担がかかって血流が悪くなったり、ブルーライトで脳が冴えて眠れなくなってしまうので禁物です。

睡眠前は体をしっかり温めて、読書やストレッチなどをして、リラックスして過ごしましょう。

特に神経を休める効果のある、白湯やハーブティー、はちみつを入れたホットミルクなど飲むと、リラックスしてスムーズに睡眠に入ることができます。

お肌をきれいにする飲み物はこちらに紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

エイジングケア化粧品

-エイジングケアの基礎知識

Copyright© HadaBeauty , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.