エイジングケアの基礎知識

肌に優しいファンデーションの選び方

更新日:

肌に負担が少ないのはパウダーファンデーション

ファンデーションには大きく分けて、以下の4つのタイプがあります。

  • パウダリータイプ
  • クリームコンパクト(エマルジョン)タイプ
  • リキッドタイプ
  • クリームタイプ

これは、肌にツヤ感を出す板状粉体、マット感を出す球状粉体などの顔料、そして保湿剤などの水分と油分の配合量で決まる、テクスチャの違いで分かれています。

それぞれの違いは他のブログ等にもたくさん書かれているので、説明はそちらに譲りますが、結論的にお肌に負担が少ないファンデーションはパウダリータイプです。

その他のタイプのファンデーションは、混ざりにくい水と油を安定させるために使われる界面活性剤の配合量が多めで、水分の量も多いので腐らないよう防腐剤を配合するなど、肌の刺激の原因となる様々な添加物が入っています。

その点、パウダリータイプのファンデーションは、水分をほとんど含まないため防腐剤を配合する必要もなく、その他の添加物も少なめ。アレルギーを起こす心配も少ないのが特徴です。

肌荒れがひどいときはルースパウダーを


パウダリータイプのファンデーションよりも添加物が少ないのがルースタイプのファンデーション。

粉おしろいとか、フェイスパウダー、ルースパウダーともいいますが、これと同じタイプのファンデーションが最近よく耳にするミネラルファンデーションです。

ミネラルファンデーションというと、何か特別なファンデーションのような印象を受けますが、通常のファンデーションにも使われているマイカ、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄、シリカなどが配合され、これを指して無機質=ミネラルと言っているだけです。

ミネラルファンデーションはお肌にやさしいと言われていますが、これは正解。乳化剤や防腐剤、界面活性剤など、肌の負担となる成分がほとんど含まれていないためです。

肌になじみがよく、肌色を補正して、脂浮きを抑える働きもあります。ブラシで付けると軽く仕上がりますが、ブラシのチクチク感が気になる方はパフで付けるタイプのものも売られていますので、そちらがおすすめです。

ミネラルファンデーションは、クレンジングが不要で洗顔料のみで落とせるので、こちらも肌への負担が少なくて済む理由です。

BBクリームは肌にやさしい?

BBクリームも、手軽さが受けて最近では人気のアイテム。BBというのは、ブレミッシュバルム、傷んだお肌を修復するという言葉の略称で、もともとはピーリング後の肌の炎症を抑える保護クリームとして開発されたクリームです。

配合成分としては、お肌の炎症を抑える働きがあるグリチルリチン酸ジカリウム(甘草エキス)、お肌の修復をする働きがあるアラントイン、保湿効果のあるシアバターなどが配合されていますので、敏感肌や乾燥肌など、肌荒れを起こしている方にも向いています。

ただし、最近はこういった抗炎症成分が配合されていないものもBBクリームとして発売されていますので、安易に手を出さず、しっかりと成分を見極めることも大切です。

こちらもおすすめ

肌に優しい日焼け止めランキング|低刺激で肌を守れる日焼け止め5選

紫外線はシミやシワ、たるみを招くお肌の大敵。 とはいえ、刺激のある日焼け止めを無理して使うと、肌に負担がかかり、かえって肌荒れや肌老化を加速させてしまいます。 こちらでは、 肌に優しい日焼け止めってど ...

続きを見る


 

エイジングケア化粧品

-エイジングケアの基礎知識

Copyright© HadaBeauty , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.