乾燥肌対策

乾燥肌にいい食べ物とは?内側から始める乾燥肌対策

投稿日:

乾燥肌を外側から解消するにはセラミドを配合した化粧品でセラミドを補うということが大切(参照:これでバッチリ!乾燥肌を改善するための正しい保湿ケア)ですが、それだけでは不十分。

お肌をきれいに保つためには、乾燥肌にいい栄養素を取り入れて、内側からのケアも同時に行っていく必要があります。

どんな食べ物が乾燥肌を予防したり、改善したりしてくれるのかってことですけど、一応栄養素的にはビタミンAを多く含む食品が効果的です。

ビタミンAはお肌が生まれ変わるサイクル、いわゆるターンオーバーを整えて、お肌をいつもきれいにしようとしてくれる栄養素です。ビタミンAが体内から不足すると、途端に皮脂の分泌量が減って保湿機能が低下してしまいます。ですので、乾燥肌にはビタミンAは必須の栄養素というわけです。


どんな食べ物を食べれば効果的にビタミンAがとれるかというと、おすすめは鶏のレバーやウナギ。肌が乾燥してきたなと思ったら鰻丼などがおすすめです。

ビタミンAは、そのほかにもモロヘイヤやにんじん、ほうれん草といった緑黄色野菜に多く含まれています。こういった野菜を油で炒めると吸収率が上がるので、ソテーなどにして食べるようにしましょう。

また乾燥肌の方に多いのが血行不良を起こしていること。

血行が悪いと、お肌のターンオーバー機能が低下するので、血行促進効果のある鉄分も併せてとりたいところです。鉄分は鶏レバー、豚レバーなどに多く含まれます。レバーが苦手な方ははまぐりやしじみ、パセリといった食材で鉄分を補給しましょう。

乾燥肌にはビタミンAと鉄分!血行をよくしてお肌のターンオーバーを正常に機能させる、これが体の内側からの乾燥肌対策です。

エイジングケア化粧品

-乾燥肌対策

Copyright© HadaBeauty , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.