乾燥肌対策

こんなケアはダメ!乾燥肌を招く間違ったスキンケア

投稿日:


乾燥肌を招く原因の1つに加齢によるセラミドの不足があります(参照:乾燥肌の原因とは?乾燥肌に効く化粧品の選び方)。

それ以外にも大きな原因がもう1つ。それは間違ったスキンケアをずっと続けていることです。

乾燥肌の方は保湿が不足しているのは間違いない事実ですが、この保湿不足を招いているのが今までやってきたスキンケアだという方が結構多いようです。

クレンジングで皮脂を落としすぎない

特に毎日メイクをしていると、ちゃんと落とさなければお肌によくないという思いから、オイルクレンジングでしっかりメイクを落とし、さらに熱めのお湯で洗い流していると、お肌に残しておかなければいけない、必要な皮脂までも洗い流してしまいます。

また肌の潤いの元であるセラミドや天然保湿因子(NMF)といった成分も流れていってしまうため、お肌はかさつき、潤いが失われてしまうというわけです。

特にクレンジングの中でもオイルクレンジングは、肌に負担が大きい界面活性剤が多く配合されています。オイルクレンジングはメイクとのなじみがいいのでよく落ちてさっぱりしますが、あまり多用するとお肌をかさつかせる原因になるので注意が必要です。

乾燥肌を予防するには、肌に負担の少ないジェルタイプかクリームタイプのクレンジングで、お肌をこすることなくぬるま湯でやさしく洗い上げることがコツ。少しぐらいアイメイクが残っても、色素が肌に沈着するということはないので、あまりゴシゴシしないようにしましょう。

さっぱりタイプは卒業する

もう1つ、スキンケアで気をつけるのは基礎化粧品選び。

最近では乾燥肌でも大人ニキビができるという方が多いですが、そういう方は自分はオイリースキンだと勘違いして、大抵さっぱりタイプの化粧品を使っているという傾向があります。

べたつくことが苦手、肌がテカるのが嫌だという理由で、しっとりタイプではなく、さっぱりタイプの化粧品をずっと愛用しているということはありませんか。

皮脂分泌の多い20代まではさっぱりタイプでも潤いを保てますが、30代、40代になってもさっぱりタイプを使っていると、皮脂分泌が少ない上、水分保持能力が低下してくるので、どうしても保湿が不足してしまいます。

昔から同じ化粧品をずっと使っているという方で乾燥肌に悩んでいるという方は、さっぱりタイプの基礎化粧品は卒業し、これからはしっとりタイプの化粧品を選ぶようにしましょう。

どうしてもべたつく感じが嫌だという方は、セラミドなどの保湿成分が配合されたジェルタイプの化粧品がおすすめ。油分が少なめでテクスチャも軽く、べとつかないのでおすすめです。

エイジングケア化粧品

-乾燥肌対策

Copyright© HadaBeauty , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.