乾燥肌対策

乾燥肌の原因とは?乾燥肌に効く化粧品の選び方

投稿日:


肌がかさついてごわつく、パウダーファンデーションだと何だか化粧ノリが悪い・・・そんな方はお肌の水分量が不足して乾燥している証拠。

肌の水分量が低下している状態が続くと、新しい皮膚に生まれ変わるサイクルが狂って、古い角質が肌表面に残るようになります。

そうなると、肌が厚く硬くなり、外から保湿成分を補給しても浸透しにくくなるため、ますます肌を枯れさせ、シワができやすい状態になってしまいます。肌老化のスピードを上げないためにも、乾燥肌になってしまう原因をまず押さえておきましょう。

肌の乾燥はなぜ起こる?保湿因子と乾燥の関係

お肌には皮脂・天然保湿因子(NMF)・角質細胞間脂質という3つの保湿因子が備わっていて、それがお肌の水分量を一定に保つ働きをしてくれています。

この働きは年齢が進むにつれ、うまく機能しなくなってしまいます。その理由はこの3つの保湿因子の減少。

加齢によって保湿因子の生産量が減少してしまうため、肌に水分を抱え込む働きが衰え、肌の水分量が低下することが乾燥肌の主な原因です。

同じ基礎化粧品を使っていて、それまではお肌が乾燥したことはなかったのに、何だか急に乾燥するようになってきたということはありませんか?それは加齢によって肌内部の保湿因子が減少し、今まで使っていた化粧品では保湿力が足りなくなったというサインなのです。

乾燥肌に効く化粧品とは?

お肌の乾燥が皮脂・天然保湿因子・角質細胞間脂質という3つの保湿因子が不足していることから起きているとすれば、乾燥肌を改善するためにはその成分に近い成分をお肌に補ってあげることが重要です。

まずは今お使いの基礎化粧品にこれらの成分が配合されているかどうかをチェックしてみましょう。

皮脂に近い主な成分

  • スクワラン
  • ホホバオイル
  • ワセリン

天然保湿因子(NMF)に近い主な成分

  • アミノ酸
  • グリセリン

角質細胞間脂質に近い主な成分

  • セラミド
  • レシチン

上記のような成分がバランスよく配合されている化粧品を選ぶと乾燥肌に効果的。

保湿というと、化粧水を思い出してしまいがちですが、化粧水だけでは塗ってすぐに肌から水分が蒸発してしまうため、正しい保湿ケアとは言えません。

水分と油分を効果的に補給するためにも、保湿因子に近い成分を配合した美容液やクリームを毎日のケアに取り入れることで、慢性的な乾燥肌を改善することができます。

特にセラミドは肌に水分をため込む働きが高く、セラミドを配合した保湿美容液や保湿クリームは乾燥肌に即効性があります。

こちらに実際に管理人が使用した、乾燥肌におすすめの化粧品をご紹介していますので、参考になれば幸いです。
>>乾燥肌化粧品ランキング

日中にお肌が乾くときの乾燥肌対策

日中、エアコン下にいると、しっかり保湿ケアをしていても、どうしても乾燥してくるということがあると思います。

そんなとき、よく目にするのがスプレータイプの化粧水を使っている方。外出中でもファンデーションの上から吹き付けられ、手軽にお肌へ水分補給ができる気がしてしまいますが、実はこのケアは乾燥肌対策としてはNGです。

化粧水スプレーは、化粧水が乾くときに肌内部の水分も一緒に蒸発するので、かえってお肌を乾燥させてしまい、毛穴の開きやちりめんじわを作ってしまう原因にもなりかねないというわけです。

日中、肌が乾いてどうしようもなくなったときにおすすめのアイテムは、セラミドやヒアルロン酸を配合した保湿美容液。

手のひらに少し広げて、乾燥しがちな目元や口元、頬など、かさつきが気になる部分を軽く押さえてなじませるだけで、お肌を乾燥から守ることができます。このとき、こすらずに押さえるのがポイント。そうすると、ファンデの上からも保湿でき、メイクが崩れることはありません。

お肌の乾燥は肌老化の最大の原因。正しい保湿ケアで一日中うるおったお肌を維持し、ぷるぷるのお肌を目指しましょう!

エイジングケア化粧品

-乾燥肌対策

Copyright© HadaBeauty , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.