乾燥肌対策

目元の乾燥対策|目元のシワを未然に防ぐお手入れ法

更新日:

目の周りの皮膚は、他の部位よりも皮膚が薄く、しかも皮脂腺の少ない場所。

皮脂が出ない分、摩擦や乾燥に弱く、しっかりケアをしておかないと、乾燥による小じわや、目の下のたるみなど、顔を老けさせる原因となります。

特に乾燥しやすい方は目元にちりめんじわができやすく、それが老けた印象を与えることにも。乾燥しやすい季節はもちろんのこと、一年を通じて、ふだんの保湿ケアに加えて目元ケアを入念に行いましょう。

目元の乾燥をケアするお手入れ方法

クレンジング料

アイシャドーやアイライン、マスカラと、目元はメイクでも一番気を遣うところ。

反面、他の部位よりも、クレンジングでしっかり落とそうと、ごしごしとこすってしまう部位でもあります。

皮膚への摩擦は、メラニン色素を生成し、黒ずみを発生させる要因。目元をどんよりさせないためにも、クレンジングはこすらず、やさしくが基本です。


一番、皮膚への負担が少ないのは、クレンジングの前に専用のリムーバーを使ってアイメイクを落としておくこと。

コットンにたっぷりなじませて目元に1分ほど置き、メイクが浮いてきたら、やさしく汚れをぬぐい取ります。

このとき、若干メイクが残っても、肌に沈着して残ったりすることはありませんので、何度も拭き取らないようにしましょう。

肌が荒れたり、リムーバーで刺激を感じたりするときは、市販の精製オリーブオイルがおすすめ。保湿目的で購入される方が多いのですが、ポイントメイクもちゃんと落とせます。

精製オリーブオイルは界面活性剤を含んでいないため、刺激も少なく、肌に負担がなく、やさしくオフ。お値段も1,000円前後とお手頃です。

無印良品の精製オリーブオイル
洗顔


こちらも、クレンジングと同様、絶対にこすらないことが大切。

洗顔料はよく泡立て、目元には一番最後にのせてなじませ、目のくぼみのカーブに沿ってやさしく動かして洗い上げます。

乾燥がひどいときは、固形のシンプルな洗顔石鹸を使うと、その後の保湿成分が浸透しやすく、余計なものが含まれていないので、肌に負担をかけません。

保湿ケア

セラミドやヒアルロン酸など、保湿効果の高い成分が配合された目元美容液がおすすめ。

実際に目元の小ジワが気になるときは、「抗シワ評価試験済み」と記載された美容液を選ぶと、乾燥による小ジワを目立たなくすることができます。

美容液の後はセラミドが配合された保湿クリームで、しっかり油分を補いましょう。

目元には皮脂腺が少ないため、油分を補うことで皮脂膜ができ、肌の乾燥を防ぐだけでなく、目元の皮膚がなめらかになり、乾燥によるシワの予防につながります。

エイジングケア化粧品

-乾燥肌対策

Copyright© HadaBeauty , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.