肌質別エイジングケア

自分の肌のタイプがわからない?かんたん肌質診断で肌質チェック!

更新日:

自分の肌質、ちゃんとわかっていますか?

いつまでもきれいな肌をキープするためには、肌質に合ったスキンケアを行っていくことが大切。

化粧品の効果を間違いなく得るためにも、
かんたん肌質診断
で自分の肌質を正しく理解しておきましょう!

かんたん肌質診断スタート!




肌質別のおもな特徴

普通肌

水分と皮脂のバランス◎理想的な健康肌です!

皮膚のキメが整っていて、肌ツヤもよく、ハリや弾力も維持された理想的な肌です。

水分量や皮脂量のバランスがちょうどよく、うるおいも申し分なし。

あとは、季節や生理前、ストレスによる肌の変化に注意して、それに合わせたスキンケアを行っていきましょう。

敏感肌

角質層のバリア機能が低下。刺激を感じやすい肌です!

角質細胞が乱れ、角質層のバリア機能が著しく低下しているため、外部刺激を感じやすい肌状態に陥っています。

肌内部で微弱炎症が起きているので、化粧水でヒリヒリしたり、赤みやかゆみが出るなど、ちょっとした刺激でも反応してしまいます。

まずは炎症を抑え、バリア機能を回復するスキンケアを行うことが大切です。

>>詳しくはこちら

乾燥肌

肌内の水分量が減少傾向。バリア機能も低下気味です!

角質層内の水分量が30%以下と、明らかにうるおいが不足している肌です。

また皮脂量も減少しているため、肌内の水分が蒸発しやすくなっています。

肌がゴワゴワしたり、つっぱったり、ひどくなると口元など皮脂腺が少ない部分に粉を吹いたりします。

改善するには保湿力の高い成分や皮脂に変わる油分を補う必要があります。

>>詳しくはこちら

混合肌

皮脂量が多い部分と乾燥している部分が混在している肌です!

おでこや鼻など、Tゾーンは皮脂量が多くべたついているのに、頬やあごなど、Uゾーンは乾燥しているという肌状態。

肌質が部位によって異なるので、ニキビや吹き出物、テカリなどのトラブルが起きやすい肌です。

自分の肌質を勘違いしている方に多く、肌トラブルを改善していくためには部位に合わせたケアが必要です。

脂性肌

皮脂分泌が過剰。ニキビや吹き出物ができやすい肌です!

水分と皮脂のバランスが崩れていて、皮脂が過剰に分泌されている肌状態です。

肌全体がテカったり、べたついたりするだけでなく、毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすくなっているため、ニキビができやすいのが特徴です。

肌を清潔に保ち、油分の少なめの化粧品で適度な保湿を行いながら、水分と皮脂のバランスを正常な状態に整えていくことが大切です。

肌質はスキンケアで変えることができる!

「親がニキビができやすかったから私も...」
「お母さんに似て肌がきれいね」

なんていう話、たまに耳にしますよね。

確かに肌質は遺伝的要素もありますが、それだけで決まるものでもありません。

実は、性別や年齢、ふだんの食事やスキンケア、生活習慣など、その人の肌質は後天的な要素も深く関係しています。

例えば、もともと普通肌だった方でも、間違ったスキンケアを続けていると、皮脂量と保水力のバランスが徐々に崩れ、乾燥肌になったり、逆に脂性肌になったりといったこともあります。

また、湿度や気温など外的要素にも反応しやすいため、季節によって肌質がゆらいで刺激に反応する敏感肌になったりということもあります。

でも、自分の肌の状態に合わせた対処がいつもできれば、乾燥肌や脂性肌、敏感肌など、トラブル肌から普通肌へ変えていくことも可能。

つまり、自分の肌質に合ったスキンケアを続けることで、どんな肌でも健康な肌になれるということです。

「肌質は日々のスキンケアで変えることができる」

理想的な肌状態を保つためにも、日頃からチェックして、そのときの肌質に合わせたケアを行っていきましょう!

エイジングケア化粧品

-肌質別エイジングケア

Copyright© HadaBeauty , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.