敏感肌対策

こんな症状はアトピー性皮膚炎かも?

投稿日:


敏感肌と同様、悩みが深いアトピー性皮膚炎。

アレルギーやストレスなど様々な要因によって起こるアトピー性皮膚炎は、肌のバリア機能が弱まり、強いかゆみなど、辛い症状が現れるのが特徴です。

しかし、自分でも乾燥肌なのか、敏感肌なのか、アトピー性皮膚炎なのか、よく分からないという方も多いようです。

ただの肌荒れだと思っていたけれど、保湿してもなかなか治らない、そんな場合はアトピー性皮膚炎の場合もあるので、下記のようなことに思い当たることがないか、チェックしてみましょう。

こんなことはありませんか?

  • 目の周りや首の色がやけに赤い。
  • かゆい部分をかいてしまうと、皮膚が膿んでしまう。
  • 肘や膝の内側の部分に湿疹がよくできる。
  • かゆみが強く、眠れないことがある。
  • 季節の変わり目に肌荒れの症状が悪化する。
  • アレルギー検査でダニやハウスダストのアレルギーがあると言われた。
  • 爪の甘皮部分がかゆくなる。
  • 子供の頃にアトピー症状やぜんそくの症状があった。

思い当たることが3つ以上あるとアトピー性皮膚炎の疑いがありますので、早めに皮膚科を受診しましょう。

急増する成人型アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎というと、どうも子供の頃に発症する病気だという印象を持ってしまいますが、実は最近は子供の頃は何ともなかったのに、大人になってから成人型アトピー性皮膚炎を発症するという方が増加の傾向にあるようです。

こういった症状の治療では、かゆみ止めや、ステロイドの塗り薬が中心。ただステロイドの塗り薬は、大量に塗ると副作用があるので注意が必要です。効果の高い漢方薬もありますので、副作用が気になる方は皮膚科医に相談してみましょう。

成人型アトピー性皮膚炎は、睡眠不足やストレスも原因の1つとして挙げられます。

皮膚科での治療と併せ、日頃からストレスをためないよう、趣味やスポーツで発散したり、規則正しい生活リズムを心掛けたりすることも大切です。

エイジングケア化粧品

-敏感肌対策

Copyright© HadaBeauty , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.